ストリングス・アレンジ講座 第7回 「ユニゾンを使おう!」


プロ直伝!ストリングス・アレンジ講座
〜ポップス(歌もの)にストリングスを入れよう!

講師:小谷野謙一


第7回:ユニゾンを使おう!




★ユニゾンとは?★

ストリングス・セクションには通常、4つのパートがあります。
4つもあると、ついつい「それぞれ違った音を割り当てて、ハーモニーを作らなくてはいけない」と思いがちです。


しかし、決してそのようなことはありません。
例えば、


・全パートで同じフレーズを弾く。
・1t.ヴァイオリンと2nd.ヴァイオリンが同じフレーズを弾く等々・・

違うパート同士が同じラインを担当する事もよくあります。

このように、
複数のパートや奏者が同じラインを担当する事を、
ユニゾン」と呼びます。


尚、オクターブ違いのラインを演奏する事を、
「オクターブのユニゾン」と呼ぶ事もあります。

因みに、この奏法は、

コード感を生み出す事は出来ませんので、
コード感は他の楽器に担当してもらいます。

今回は様々なユニゾンのパターンや、
その狙いについて説明していきます。


★全パート同じラインを弾く★

下図のように、
フレーズを全4パートによる「ユニゾン」で演奏すると、
そのラインは太く、力強く感じられます。




これは、重要なメロディや対旋律、
力強く聴かせたいリフなどに、
是非とも使いたいテクニックです。

全パートによるユニゾンにも、
様々な鳴らし方があります。

上図の左側のように、
同じ音域、または1オクターブ程度の幅での
狭い音域でのユニゾン」では、

強いエネルギー感や一体感が得られます。

逆に、上図右側のように、
全てのパートをオクターブ違いで積み上げた、
広い音域でのユニゾン」では、

スケール感の大きなサウンドが得られます



★部分的にユニゾンを使う!★

ストリングスの4パートのうち、
任意の組み合わせでユニゾンを使う方法もあります。

例えば、下図の左側のように、
4パートのうち2パートをユニゾンにすると、
力強いラインを得つつも、
残りの2パートは伴奏を担当する事ができます。


また、上図右側のように、
2パートずつをユニゾンにすると、
太い2つのラインが作り出せます。


組み合わせは、
「1st.Vn&2nd.Vn 対 Vla&Vc」、
「1st.Vn&Vla 対 2nd.Vn&Vc」、
「1st.Vn&Vc対 2nd.Vn&Vla」などなど、
いろんな工夫ができます。

これ以外にも、
3パートをユニゾンにすると、
「3パートによる太いラインと、自由な1パート」という組み合わせになります。

例えば、
1st,ヴァイオリンだけがユニゾンに参加しなければ、
広域でのパートとして活躍ができます。

また、チェロがユニゾンに参加しなければ、
チェロが低域をサポートするパートとして使う事ができます。

もちろん、
ヴィオラだけを自由にしておくというような、
ユニークな使い方だってできます。

このように、ユニゾンは、
曲調やアレンジの狙いによって、
様々な形で活かす事ができるテクニックなのです。

是非いろいろな方法を試してみて下さい。


※今回の音楽サプリは内容の特性上、
 課題の提示はありませんが、マスタード有料会員の方は、
 講師にご自身のストリングスアレンジのワンポイントアドバイス(てんさく)が受けられます。

 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2017.10.05

サプリ記事

ストリングス・アレンジ講座 第8回 ...

プロ直伝!ストリングス・アレン...

2017.09.01

サプリ記事

ストリングス・アレンジ講座 第7回 ...

プロ直伝!ストリングス・アレン...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから