オーケストレーション講座2〜音色の組み合わせ・その2〜


オーケストレーション講座 第2回
〜音色の組み合わせ2〜課題つき!


講師:小谷野謙一




★オーケストレーションの可能性★

今回も「オーケストラの鳴らし方のコツ」として、
メロディを担当する楽器の組み合わせを紹介していきます。


オーケストラ・アレンジの楽しさの一つに、
「音色を作る」という要素があります。

特にメロディパートは、
単一のパートに任せるのではなく、
要所要所で魅力的な楽器の組み合わせで鳴らすと、
効果的な演出になることを是非知ってほしいと思います。


★チェロにプラスワン★

オーケストラのチェロは、
低〜中域を支えるだけでなく、
時として非常に魅力的なメロディ・パートとして使われます。

今回はメロディを担当するチェロ・パートに加えると効果的な楽器を、
いくつか紹介していきます。

今回、サンプル音源で用意したのは、
チェロ群+ホルン」の効果です。



効果が分かりやすいように、
2小節のメロディを2回繰り返して、

1回目のメロディはチェロ群のみの演奏
2回目のメロディはチェロ+ホルンで演奏しています。

 
 
いかがでしょう?
ホルンが加わってことで、
メロディは、より艶やかな響きになったと思います。

ホルンは、弦楽器や木管楽器との相性が非常に多く、
色々な楽器との組みわせの可能性があります。

これをぜひ覚えておいて欲しいと思います。


★その他のオススメの組み合わせ★

・チェロ群+ファゴット(バスーン)
張りのチェロに、ファゴットのダブルリードらしい、
鼻にかかったような響きが加わり、
まろやかな音色が生まれます。

特に高音域では、
独特な緊張感が生まれますが、
低音域で持続させると、
少し不気味な雰囲気を出すこともできます。


・チェロ群+オーボエ
高音域でオーボエと組み合わせると、
チェロの緊張感のある音に、
オーボエの煌びやかさが加わって、
鋭い感じの音色が生まれます。

オーボエがチェロより1オクターブ高い音で
組みわせることもあります。

この場合、弱い演奏(p)で美しく融けあいます。


<以下付記>
ヴァイオリン群の鳴らし方の可能性については、
他の楽器を加える方法以外にも効果的な演出があります。
以前連載した「ストリングスアレンジ講座(全8回)」でも紹介していますので、
是非そちらも参考にしてみてください。

★今回の課題★

上記の講座を踏まえ、
メロディに「ヴァイオリン群+その他の楽器」を加えてみて、
音源を作ってみましょう。

楽曲全てのメロディに楽器を組み合わせる必要はありません。
楽曲の一部、「ここで音色を組み合わせてみたい」と思った所で
構いません。

楽曲を提出される際は、
どこの箇所(例:何分何秒〜何分何秒)で、
ヴァイオリンと何の楽器を組み合わせたのかを、
記入欄に記載の上、投稿ください。


楽曲の長さは通常の投稿(Q&A)と同じく、
90秒まで(プラチナプランに加入の方は3分まで)となります。
90秒を超える楽曲を投稿される場合は、
視聴範囲も指定をお願い致します。


投稿の際は通常の質問欄から投稿下さい。

(課題提出は、マスタードの有料会員の方のみとなります。)
無料会員や未会員の方は、有料会員登録を頂けますと、
質問欄から投稿できます。)

会員登録はこちらから!

 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2019.06.22

サプリ記事

プロ直伝!作詞講座20〜オーダーに...

プロ直伝!作詞講座 第20回  &r...

2019.06.03

サプリ記事

オーケストレーション講座4〜音色の...

オーケストレーション講座 第4回 ...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから